たるみのケア

顔に触れる女性

肌のたるみは日々のスキンケアで改善していくことができます。肌の乾燥が原因でたるむことがあるので、乾燥を防ぐ保湿化粧品で保湿を徹底的に行うことが大切です。浸透力に優れた保湿化粧品を利用してたるみ予防が行えます。

保湿化粧品でたるみ改善

加齢による肌のたるみは、日々のスキンケアをしっかりと行なうことで改善することができます。 年齢を重ねると肌の機能が低下してきてしまうので、肌が乾燥しやすくなるのです。 まずは乾燥を防ぐために保湿化粧品で保湿を重点的に行なうのが大切です。 ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの基本的な保湿成分が配合された化粧品が最適です。 これらの成分は加齢によって減少していくので、まずは補ってあげる必要があります。 肌の乾燥はさらなるしわやたるみを生み出す原因にもなるので、肌老化を食い止めるためにも、一番保湿が重要になるのです。 浸透力に優れた保湿化粧品を使用して、肌の内側へとしっかりと働きかけ、たるみを改善してくのがポイントです。

肌老化の原因となる紫外線を防御しよう

肌老化の8割くらいは紫外線によるものだと言われています。 紫外線は窓越しに部屋へと侵入してきて、さらに肌の奥にまで入り込んできます。 そして、肌内部のコラーゲンなどの保湿物質にダメージを与えてしまうため、長年紫外線を浴びていると、しわやたるみなどの肌老化が進んでしまうのです。 たるみ改善を考えるならまず、しっかりとした紫外線対策が重要です。 日焼け止めやUV化粧品を用いて、紫外線からのダメージを防ぐようにしましょう。 また、紫外線は老化の原因となる活性酸素を増やしてしまいます。 この活性酸素を抑えるためには、抗酸化作用のある化粧品を使用するのが最適です。 たいていのエイジングケア化粧品にはこの成分が配合されているので、肌に合うものを選んで使用していくのが良いでしょう。

一般製品との価格差

化粧品と花

加齢臭に石鹸を使ってアプローチしたい、そのために専門の製品を使う場合、一般製品との価格差に目を向けることで必要な予算が見えてきます。一般の石鹸と比較すると高くなりがちですから、先に調べてから検討するほうがよいです。

現在では数多くの加齢臭対策専用の石鹸やボディーソープなどが販売されていますが、これらの商品は通常販売されているボディーソープ等に比べるとかなり価格が高く設定されている傾向にあります。 通常のボディーソープ等でも商品によって価格にバラつきはありますが、おおむね500円前後で販売されているのに対し、加齢臭石鹸は平均すると1個2000円前後のものが多くなっています。 この価格の違いは使用されている成分が異なっているためで、加齢臭石鹸に使われている成分で代表的なのが柿渋です。柿渋にはタンニンと呼ばれる消臭力や殺菌力に優れた成分が豊富に含まれていて、加齢臭の原因となる菌の増殖も抑えてくれるという特徴があります。

年を取ると体の臭いがきつくなる原因がはっきりとわかったのは、今から15年ほど前のことです。この時に加齢臭という言葉が生まれ、以降、加齢臭対策商品が次々に開発されるようになりました。 加齢臭の原因はノネナールという物質であることがわかりましたが、ノネナールは皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することで発生すると言われています。 汗をかいた時に発する体臭は汗腺から発生するので、普通の体臭と加齢臭は臭いの原因が全く異なることがわかりました。 そのため加齢臭対策として販売されている石鹸類は、ノネナール対策として作られた商品となっているのが特徴です。体の部位の中でも特に耳の裏あたりがノネナールの分泌量が多いと言われています。

おすすめの記事