優しく撫でて落とす

女の人

毛穴の奥から汚れを取り除こうと擦ってしまう人がいますが、それでは肌を傷つけてしまいます。洗いすぎることも同様です。そのため、優しく撫でて使うことで肌を傷つけずに綺麗に汚れを落とすことができます。

毛穴ケアで気をつけること

年を取ると皮膚がたるんできて乾燥で肌のキメが荒くなり、毛穴が目立ちやすくなります。しかし、毛穴が気になるからと言って、頻繁にいじったり、毛穴ケアをしたりするのは逆効果です。毛穴パックをすれば汚れは落ちますが、ぽっかり毛穴が開いた状態になり、なかなか元にもどらないことがあります。 顔の洗いすぎも逆効果になります。顔を洗いすぎることで肌を守ってくれる皮脂バリアが取れてしまい、乾燥に繋がります。肌が乾燥することは、シミ、皺、たるみなど、様々な肌トラブルに繋がっていきます。 また、汚れを落とそうとスクラブ入りの洗顔フォームを使う人もいますが、スクラブ入りの洗顔フォームは肌に負担になり、皮脂を過剰に落とし過ぎるので避けるべきです。

クレンジングの仕方

メイクの汚れや皮脂汚れが溜まると、それが酸化して毛穴の黒ずみになります。毛穴の黒ずみ予防で大事なのが洗顔とクレンジングです。クレンジング剤は毛穴に入ったメイク汚れを油で浮かして落とす効果があります。 しかし、ファンデーションをしっかり落とそうとして、肌をごしごしこすってクレンジングをするのはNGです。クレンジングは油分で出来ていて、メイクの油分と馴染むようになっています。ごしごしこすらなくても優しくくるくる撫でるだけでちゃんと汚れは落ちます。 洗顔も同じで擦らないように優しく泡で洗うのがコツです。クレンジングと洗顔のあとは化粧水をつけて保湿をします。収れんタイプの化粧水は毛穴引締め効果があります。

乾燥肌の対策をする

ウーマン

乾燥肌を治療する方法は様々な方法がありますが、簡単にできる方法がクレンジングです。このクレンジングはクリームタイプがあり、このクリームタイプは比較的安価な価格で手に入れることができる特徴もあります。

乾燥肌用のクレンジング剤は高い?

最近の化粧品業界では「乾燥肌・敏感肌」が多く取り扱われ、専用のシリーズを販売するブランドが数多く存在します。 しかし肌への負担が少ないという売り文句と共に、通常のものより少し高額なことが多いのが現実。 毎日メイクを行う女性なら、その商品は慎重に選ぶべきといえるでしょう。 一口にクレンジングといっても様々な種類があります。 現在の主流はオイルクレンジングですが、これは洗浄力が強く乾燥肌には不向きです。 肌への負担が少なく乾燥肌に向いているとされているのは、ミルクやクリームタイプのもの。 弾力性があり摩擦を軽減する効果のあるジェルタイプも最近よく見かけるようになりました。 しかし、こういった乾燥肌用の化粧品は、洗浄力や手軽さ、そして価格の部分でオイルクレンジングに敵いません。 薬局などで比較的安く求められるのはクリームタイプのクレンジングです。 これらを念頭に置いておけば、買い物する時の目安になるかも知れません。

おすすめの記事