基礎化粧品を選ぶ時は

スキンケアする女性

乾燥肌の人は普通肌の人に比べると、通常の基礎化粧品では、肌に浸透しにくかったり、効果が十分に得られないことが多いようです。 そのため、乾燥肌用の基礎化粧品を使用する必要があります。 美容液は特に肌に栄養を与えるものですので、乾燥肌の人は特に美容液は肌に効果の高いものを利用したいものです。 肌に合う美容液を使用すると、肌がしっとりしてきます。 これは十分に水分補給ができ、栄養もしっかりと浸透している証拠です。 しかし、中には使用してもあまり効果の得られない美容液もあります。 本格的に使用する前に、試供品やサンプルなどで、試してみてから購入するのが良いでしょう。 特に乾燥肌の人は、通常の人よりも肌が敏感の人が多いので、気をつけたいものです。

症状に応じて、スキンケア用品を決める

乾燥肌の人は肌が弱っている分、環境に敏感に感じやすくなっています。 そのため、新しい美容液を使う時は、特に気をつけたいものです。 また、乾燥肌の症状がひどい場合は、皮膚科の専門医に相談してから、スキンケア製品を決めていく方が良いかもしれません。 一般の基礎化粧品よりも、医薬品のクリームを勧められることもあります。 まずは乾燥肌を改善することを最優先して、なるべく肌に刺激の少ない美容液を使っていくと良いでしょう。 また、メイクは肌に負担をかけるものもあります。 肌のダメージが大きい時は、なるべく軽めのメイクにして、肌の様子を見ながら行う方が良いでしょう。 大切な肌を守っていくためにも、早めに乾燥肌対策を行っていくようにしたいものです。

保湿を高めて強化

化粧水を手に取る人

乾燥肌の方は水分を化粧水で与えてあげて、水分を保持できる美容成分を美容液などで補給するのが大切です。また、健やかな肌だとコラーゲンの生成も活発になるため、日々のスキンケアがとても重要です。

水分保持力を高めて保湿を強化しよう

乾燥肌の方は肌の水分が少なくなっていて、水分を保持する力が弱くなっています。 改善法としては、水分を化粧水で与えてあげて、水分を保持できる美容成分を美容液などで補給するのが大切です。 水分を抱え込んで肌に潤いを与える役目をしてくれるのがヒアルロン酸です。 たった1gで6Lもの水分を保持することができるほど、水分保持力が高い成分です。 肌の奥では、コラーゲンやエラスチンと共に肌にみずみずしさを与えていて、内側からしっかりと保湿してくれます。 また、肌の表皮でも水分をしっかりと抱え込み、栄養を表皮に与えて老廃物などを排出する通り道としての役割も果たしています。 乾燥肌改善には大いに役立つので、ヒアルロン酸配合の美容液でしっかりとお手入れをするのが大切です。

肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲン

美肌の元とも言われていて、しなやかでハリのある肌を作ってくれているのがコラーゲンです。 肌には約4割のコラーゲンが存在していて、保湿では重要な役割を担っています。 乾燥肌で悩んでいる方はこのコラーゲンを美容液などで補ってあげると、かさかさした肌が柔らかく弾力のある肌へと変化していきます。 コラーゲンは加齢や紫外線の影響を受けると減少してしまい、しわやたるみを起こしてしまいます。 そのため、水分の少ない乾燥肌の場合には、ダメージを受けやすくなり肌老化が進みやすいのです。 しっかりと美容液などでコラーゲンを与えてあげて、しわやたるみなどの改善や予防に努めるのが賢明です。 また、健やかな肌だとコラーゲンの生成も活発になるため、日々のスキンケアがとても重要です。

おすすめの記事