鏡を見る女性

いくつかの治療方法

ニキビは肌のトラブルの中でも多くの占めますが、白ニキビなどができてしまうと東京の皮膚科で治療することができます。東京にはたくさんのクリニックがあるため、自分の通院しやすいところを選べます。白ニキビのできる原因は、毛穴が汚れなどで詰まってできます。この段階ではまだアクネ菌により悪化している段階ではないので、炎症や痛みなどのない状態です。ニキビの中でも初期の段階ですが、東京の皮膚科でも治療対象になります。東京の皮膚科などで行われる白ニキビの治療方法は、原因となる汚れや角栓などを取り出す方法です。面皰圧出と呼ばれている治療方法で、白ニキビに穴を開けて面皰圧出器という道具で汚れを圧出していきます。この方法で白ニキビが悪化しないようにすることができます。

保険が適用されるため安心して受けられる治療方法です。外用薬を使用した治療方法もあります。ディフェリンゲルやトレチノインなどといった外用薬を白ニキビに塗布して治します。外用薬での治療はできてしまった白ニキビを治すことと共に、あなたにできないよう予防的な意味もあります。外用薬によって保険が適用されるものとされないものがあるため、しっかり説明を聞いた後で治療を開始することが大切です。ケミカルピーリングという方法は、酸を塗布して毛穴の汚れを取り除きます。酸は肌にダメージを与えてしまう印象がありますが、乳酸やリンゴ酸などといった安全なものであるため安心です。この方法も治療と予防を兼ねて行われます。保険適用外になりますが、しっかり治すことができます。初期の白ニキビの段階で専門の治療を受けると、ニキビを悪化させずきれいに治せます。

専門の力を借りる

東京の皮膚科では赤ニキビを治療するクリニックが多く存在します。赤ニキビは炎症して赤くなっている状態です。自己判断でケアを行うと更に悪化させてしまうことが多く、東京のクリニックで治療を受けることで適切に早く治すことが可能です。赤ニキビの原因は毛穴の汚れを餌にした細菌が繁殖している状態です。細菌が繁殖することで炎症を引き起こして、さらにひどくなると化膿することもあります。東京のクリニックで行われる赤ニキビの治療方法はいくつかあります。炎症している状態であるため抗生物質を使用して最近の繁殖を抑制させたり、殺菌する治療が行われます。抗生物質は内服して使用することで体の中から効果を発揮します。外用薬としての抗生物質の使用もあります。直接赤ニキビに塗布して治します。

白ニキビでも行われる面皰圧出という方法は、専用の器具を用いて毛穴の中の最近や汚れを取り除く方法です。原因を取り除くため赤ニキビを早急に治すことができます。東京のクリニックでは他にも注射を利用した治療方法があります。炎症がより激しい場合や、皮膚が固くなっている時には直接薬剤を注射して治療します。ステロイド剤を注射することで短時間で炎症を抑えられます。固くなった部分にも注射を行うと改善できるため、とても効果のある方法です。自分で判断してケアを行うと細菌の繁殖を促してしまうことがあります。また炎症部分を悪化させることにもなりかねないので、専門のクリニックで治療を受ける様にしましょう。治療を受けることで確実にそして早く症状を改善できます。

治療法はそれぞれ違う

つるつるしたなめらかな肌になりたいけれど、定期的に出来るニキビのせいで、綺麗になれないとお悩みの東京にお住いの方は、皮膚科で治療を受けるようにしてください。初期のニキビなら市販薬を塗ったり、ニキビ用化粧品を使っていれば治りますが、炎症を起こして赤くなると治りにくいので、ニキビ跡を残したくないなら、治療を受けた方が良いでしょう。それぞれのニキビの状態に応じた治療を受けられるので、東京の皮膚科に行けば、短期間で綺麗な肌に戻せます。面ぽう圧出という治療を受ければ、腫れの原因である角質や皮脂、膿などを押しだせるので、ブツブツが目立たなくなります。アクアチムクリームやダラシンTゲルなどの抗生物質や、ディフェリンゲルなどの軟膏をを処方されることもあるので、用法用量を守って正しく使えば、次第にニキビのない、綺麗な肌になれるでしょう。

東京の皮膚科の中には、薬と一緒にビタミン剤を出してくれるところもあります。ビタミンCなどの美肌に役立つ成分を摂取すれば、ニキビの出来にくい、健康的な肌になれます。ビタミンは自分で摂取することも出来るので、普段から野菜やフルーツを多めに食べるようにしてください。また保険適応外の治療になりますが、ケミカルピーリングを行う医療機関も少なくありません。この治療はニキビだけでなく、加齢や紫外線によるシミやしわなども改善できるので、自分の肌に自信を持てるようになるでしょう。症状によってそれぞれ治療法が違うので、まずは東京で診察を受けるようにしてください。

おすすめの記事